Newsletter2021年2月号~スプリングピンコネクタ フローティングタイプご紹介~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<特徴> ​​​​

​​半田レス対応コネクタ
お客様にて実装作業をせず、ご使用いただけるコネクタです。
・フローティング機能(両端可動と同等機能付帯)
​​​​​​ピンの可動と筐体の可動が連動することで、接点がとれるコネクタです。
・充実したラインナップ(21モデル)
嵌合長2.2mm~13mmに対応し、豊富なラインナップを保有しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筐体内に設置頂いた穴へスプリングコネクタを圧入し、基板、端子等でコネクタの両端を挟み込むことで、コネクタ自体が稼働(フローティング)し、導通をとることができます。

従来の標準スプリングコネクタでは実装(半田付け)を必要としております。
さらには、両基板間へのリード線接続(半田付け)、オスメス嵌合コネクタ接続から
当社フローティングコネクタ(半田レス)を利用頂く事で、
使用部品の削減、組立の簡素化・簡略化等々にご活用いただけると考えております。

※ご使用における設計アドバイス、筐体設置穴寸法等、弊社よりご提案可能です。 

 

<フローティングコネクタラインナップ>

当社フローティングコネクタは21機種の豊富なラインナップがあります。
2.2mm~13mmまでの幅広い使用範囲(篏合長)の中から
適切なコネクタを選んでご使用いただけます。
各コネクタの使用範囲はこちらからご確認いただけます。

※各ラインナップ・寸法はこちら
 またお客様のご要望に合わせたカスタム設計も可能です。 

 

<従来のご使用法例>(参考例:一部抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

・端末機器内の基板間、端子間接続 (内部接点)
・着脱が必要な製品の接点部 (レンズ接点・クレードル接点など)

上記使用例を含む幅広い用途でご利用頂いております。​​​
※導入実績(参考):医療、民生機器・光学機器・産業・測定機器・セキュリティデバイス・・・・等々

 

 

 

 

 

その他、ご不明点・サンプル等のお問合せに関しては、上記リンク先よりお問い合わせください。